MHA美力塾情報 カット技術について

今日は、カット技術について少しだけ。。。

美容師に指導する場合、

カットするときの説明として、

・スライスライン

・パネルの方向

・パネルの高さ

・パネルの長さ

・切り口

この5つのポイントで説明したりします。

例えば、テンプルラインから1cm幅、

平行な前上がり45度ストレートスライスをとり、

頭は、ゼロポジション、スライスラインに平行にシェープ、

インサイド、ゼロ度、鼻をガイドに床にたいして垂直ラインでカットします。

など、分かり易くします。

もちろん角度は、毛質によって変わりますので

難しいんですよね。。。

引き出す方向や高さによって

切り口のずれ幅が変わります。

非常に繊細なんですよ、カットは。。。

簡単に見えますけどね。。。

オッと、上記はブラントカットのことです。

 

また、ドライカットはちょっと違うかな。。。

普通パネル状ではなくて

人差し指ぐらいの量を

つまみ出してカットしたりします。

これがまた、複雑で

毛束の角度やハサミの角度、

ハサミの移動などの組み合わせで

カットします。

ま、引き出す毛束の中に

グラ・レイヤーを付けるような感じですね。。。

これは、一例ですよ

いろんなドライカット技法がありますからね。。。

 

これらの情報でご商売をされてる方がいますので、

あまり具体的にはかけませんが、

もっと知りたい方は、僕の講習を受けてください。

次回は、前髪について少し書きますね。

まだまだ、続きますよ。

 

ありがとうございました。