RHC美力情報 ヘアスタイリング剤の特徴

今日も美力情報は『ヘアスタイリング剤の特徴』です。

 

引っ張り過ぎですかね。。。

 

 

 

●剤型別スタイリング剤の特徴って?

 

 

いろいろな剤型のあるスタイリング剤を代表的なタイプを中心にして、

 

その特徴を使用タイミングを剤型別にまとめてみました。

 

ヘアスプレー(セットタイプ)

 

毛髪間を樹脂皮膜で固定します。微粒子の粒なので均一に髪に付着します。

 

速乾性があり、固定力が高くホールド性に優れています。

 

使用タイミング⇒ドライヘア

 

ヘアスプレー(ツヤタイプ)

 

毛髪を油剤で皮膜します。

 

ヘアスタイルにツヤを与えてくれますが、セット力は弱いです。

 

使用タイミング⇒ドライヘア

 

ミスト

 

毛髪間を樹脂皮膜で固定します。

 

霧の粒子が大きいので、ポイント的な使い方に適しています。

 

使用タイミング⇒タオルドライ

ヘアフォーム

 

毛髪間を樹脂皮膜で固定します。

 

固着力が高く、ホールド力があります。ウェーブの戻しに適しています。

 

使用タイミング⇒タオルドライ

 

ワックス

 

ワックス成分の粘着性でスタイルを保持して液体と固体油成分で質感のコントロールをします。固

 

めるタイプではないので再整髪力があり、毛先の動きなどを表現しやすいです。

 

使用タイミング⇒ドライ(ハーフドライ)、スクランチ、フィンガー

 

ミルク

 

ワックスと似た特徴ですが、ワックスの粘性が低いものと言う捉え方が解り易いです。

 

潤い感やまとまり感など柔らかい質感を与えてくれます。

 

使用タイミング⇒ドライ(ブロードライ)

 

オイル

 

シリコーン油などの液体油からできていて、毛髪に油分の皮膜をつくります。

 

ツヤ感やパサ付き感を取り、小量で使用しても効果が高いです。セット力はありません。

 

使用タイミング⇒ドライヘア

 

ありがとうございました。