RHC豆情報 正しい美容室の利用法

今日の豆情報は『正しい美容室の利用法』です。


☆サロン


美容室には色々なタイプがあります。ヘアデザインをメインに考え仕事をしているサロン。このようなサロンでは、自分の主張を通すとNGです。例えば、ここは2cm切って、ここは1cm切ってとか。そんなこと言ったら、おそらく適当で終了します。ある程度の長さの希望とイメージを伝えるだけでいいと思います。担当者に相談してお任せしましょう。 

低料金のサロンでは、1~2cm揃えてください程度がいいと思います。作業タイムが決められています。だいたい、カウンセリング30秒。カット7分ぐらい、ブローも7分ぐらいです。スタイルチェンジなどNGです。適当にされます。デザインなど求めるのは、厚かましい客と思われます。注意してください。 

 

☆服装

  

服装は自由ですが、普段よく着ているイメージで行くといいと思います。ただ注意してほしいのが、フードつきの服、ガウンに着替えるサロンでは問題ないと思われますが、一般サロンではそのままクロスをかけカットします。背中に厚みがでてキレイなカットができない場合があります。 

そして、ハイネックの服、ヘアデザインを考える上でも首が見えることは大切です。細かな髪もつく場合がありますので注意してください。それと、着物のアップスタイルをする場合、前開きの服にしてください。服が脱げないと着付けができませんから。 

ピアスや厚みのあるネックレスなどは外してください。ピアスはクシやタオルに引っかかります。お願いします。 

 

☆スタイル写真

  

希望のヘアスタイルを口で説明するのは難しいです。写真などがあれば美容師も助かります。当然同じにはなりません。顔も頭の形、毛質が違うので当たり前ですが、相談しやすくなります。 

もし、写真により近づけたいと願うのなら、写真のモデルさんがしている美容室に行くことをお勧めします。 

 

☆指名

 

気に入った美容師さんがいれば、指名した方がいいです。カルテがありますので、よりあなたの毛質、好みが理解でき、よりよい髪型になると思います。ただ、低料金のお店では、指名はNGだと思います。 

 

☆時間


時間は自由ですが、サロンのすいている時間帯を狙うのがいいと思います。丁寧にしてくれるかもしれませから。たまに、時間が無いから早くしてほしい、と言われる方がいますが、適当にされるだけです、美容室に行く時間はゆとりを持ってください。予約制がいいかもしれませんね。ただ、遅れるとできなくなりますが。有名店では予約しても待たされます。仕方がないとあきらめてください。ほんとうは、朝にキレイになって1日過ごすのがいいのではないでしょうか。 

  

☆美容師

  

美容師選びは大切です。自分と相性のいい人を選びましょう。上手い下手は自分の好みと同じになるかならないか、言い換えれば好き嫌いです。下手な美容師は少ないと思います。ただ、美容師も選びます。3回お店を変えても気に入らない方は、美容師に嫌われている可能性が大きいです。美容師に対する態度や言動で技術のやる気が大きく変わります。美容師も人間です。注意してください。 

  

☆料金

  

美容室によって料金が異なります。また、髪の長さにより異なる場合もあります。全国平均のカット料金は3300円ぐらいです。2000円以下だと低料金と呼ばれます。ドライカット(ブローしながらや、した後にカットする)のサロンだと1万円ぐらいはします。人の髪型を真似するより自分の髪型をしたい方にお勧めです。 

  

☆技術力

  

確かに技術力の違いはあります。しかし、普通の人には分かりにくいと思います。ヘアカラーに力を入れているサロンは、1色でカラーはしません。だからそれなりの料金になります。ヘアカタログにも1万円以上のカラーが多いと感じます。それを3000円でするのはムリです。同じカラー剤でも、毛質により色も明るさも変わります。ハイライトやローライト入れるとなおさら色味に味わいが出ます。 

  

☆毛質

  

キレイな髪型は、キレイな髪から生まれます。傷んだ髪は、スタイリングも決まりにくいです。 

カラーをした髪は、とてもデリケートです。クシ通りが悪くなり過ぎないよう注意が必要です。 

傷んだ髪は、膨らみやすく、カラーやパーマの施術にも問題が発生します。また、色抜け、パーマのダレの原因にもなります。

☆ご注意


 カット時の注意点として、お客様の頭の角度は、とても重要です。ヘアバランスや毛先の収まり具合が違ってきます。ヘアスタイルは、担当者とお客様との共作です。雑誌を読んでる場合ではありません。 


困るお客様